オフィスの電話をビジネスホンに変える際のおススメ情報

ビジネスホンの電話機は短縮登録できるもの

意味のない数字を入力すると言うとき、どうしても数字の押し間違いと言うことがあります。計算をするときに電卓を利用することがあります。1回目の2回目では数字が違っていることがあります。そのためもう一度検算をするということになります。経理などの仕事をしていれば押し慣れてくることになりますが、たまに利用すると言う場合は、ボタンの位置などもわかりにくいと言うことがあります。ボタンを見ながら叩いていても間違えます。

長い桁の数字を押すといいますと、電話があります。かけるときにおいては、数字を見ながら押すことになります。問題は間違いになると、相手に迷惑がかかるということです。それもでてもらってから出ないと気づかないと言うことになります。携帯の場合であれば、特定の人であれば登録をすることができますから、そちらからかけることで、数字を押す必要はありません。間違えることもありませんから、相手にも迷惑がかからないと言うことになります。

会社においては、客先など、番号が多いところがあります。急いでいるときなどに押し間違えないためにはどうすればよいでしょうか。こんなとき、ビジネスホンにおいて、便利な機械があります。それは、短縮番号を登録できると言うものです。社内全体で統一の番号を登録することも出来ますし、機械ごとに別々の番号を登録することも出来ます。仕入先などは、社内で統一で行い、個別の顧客などは、機械ごとに登録すれば、使いやすくなります。

おすすめ

Copyright (C)2017オフィスの電話をビジネスホンに変える際のおススメ情報.All rights reserved.