オフィスの電話をビジネスホンに変える際のおススメ情報

業務を効率化、普通の電話をビジネスホンへ変更。

多くの事業所や営業所、工場などにおいてはひとつの建物や部屋に複数の部署や人員がいることと思います。それに対しての外部に公表している電話番号は代表番号などの形式のひとつだけでの場合が多くあります。ですから、経理にかけてくる人、営業マンに用事のあるクライアント、製造現場に注文内容の変更を依頼する取引先など多種多様な用件があります。これを事務員が管理して転送するのも手間ですし、この電話がもし転送機能のない普通の家庭用電話でしたら目も当てられません。いちいち担当者を呼びにいかなくてはならない手間がかかりますし、電話をかけてきた先方も随分と待たされることとなり、今後の業務や取引に悪影響を与えてしまうかもしれません。そのような不具合を解消して効率よく業務を遂行するためにも電話をビジネスホンへ変更することをお勧めします。

電話をビジネスホンへ変更することにより、複数の部署や人員への転送・呼び出しが即座に対応できるようになりますので、先方のストレスもなくなりますし事務担当員の負担も減少します。以前によく言われた電話番などの人件費も要らなくなるのです。また、ビジネスホンを提供する企業などのプランによっては、子機や形態電話などもトータルで含めた運用を提案しているサービスもあります。事業所内の電話と営業マンの所有している会社所有の電話を別々に契約しているのを、ひとつにまとめるだけでも経費の節減になりますし運用もよりしやすくなります。まず、導入を検討する前に何をどのように便利にしたいのか、を明確にしてからネットなどで検索・比較して決めることをお勧めします。

おすすめ

Copyright (C)2017オフィスの電話をビジネスホンに変える際のおススメ情報.All rights reserved.